HOME>ホットトピックス>コーヒーの知識や技術を習得してからフードの技術を身につける

コーヒーの専門家

カフェ店員

将来的にカフェを開業したい、そうした若者が急増しています。チェーン店もありますが、その種類を分けてみれば、ドリンクとフードに分けることができます。特に、専門学校などでも人気の資格となるのは、ドリンク系でコーヒーに関連する資格です。エスプレッソコーヒーを抽出できるバリスタは、世界共通して求められる資格です。コーヒーの知識と基本技術の習得がカギを握り、開業するにも豆の知識から焙煎、淹れ方(抽出方法)1つでリピーターを生むともいいます。そうしたカフェは、オリジナルブレンドを提供しています。ちなみに、専門学校でラテアートの作り方も指導してもらえます。

ドリンクとの相性

カフェ店員

カフェ経営において、ドリンクに関する資格だけでなく、フードも取り扱うのであれば食品衛生責任者という資格は必須です。最近では、コーヒーブレイクとしてのカフェの利用ではなく、小腹を満たすために利用することが多く、専門学校ではフードメニューの考案、開発なども行います。基本、ホームメイドです。サンドイッチはラップサンドに変遷、新鮮でカラフルな野菜がたくさん挟まれています。野菜ソムリエ(スペシャリスト)によるフード開発も最近のカフェでは多いようです。石窯を用いるカフェも多く、自家製パンを提供していますからパンづくりを学ぶのもアリでしょう。もちろん、スコーンや焼き菓子なども人気ですが、そのすべてにおいてコーヒーとの相性が図られています。