人気の理由をベーカリーと比較

カフェ店員

カフェの開業を目指している方はたくさんいらっしゃいます。人気の理由はいくつかあり、初期費用が比較的安い、専門的な技術や知識を要する場面が比較的少ない、店舗面積も大きな店舗を用意しなくても運営が可能などがあります。ここで上に挙げた内容をベーカリー開業と比べてみましょう。ベーカリーなどを開業したい場合の設備投資は、オーブン、ミキサーなどの大きな設備投資が必要です、その点カフェの開業は大きなものでいうとコーヒーマシンや調理器具でしょうか。コーヒーマシンについてはドリップの手淹れにするとさらにコストカットできます。知識や技術についても、ベーカリーでは必須となりますが、カフェについては必須とまでは言いません。店舗面積もベーカリーでは、機械を置くスペース、生地を分割、成形する場所も必要ですが、そのようなスペースも必要ではありません。このようにカフェの開業は比較的ハードルが低いのが人気の理由です。

人気だからこそしっかり準備を

カフェ店員

先の項目で、カフェの開業が他業種に比べて比較的開業しやすいことを説明いたしましたが、開業しやすいということは競争相手も多いということです。そのため、開業に向けての準備はしっかりと進めておきましょう。よく言われる5W1Hをベースに考えてみましょう。まずターゲットは誰か、どこでお店をするか、何を売りにするのか、営業時間は何時から何時か、どのような形態のお店にするのか、そして最後になぜそう考えたかというコンセプトを決めましょう。これらを決めておくだけで、開業してもぶれることなく運営していけるでしょう。

公的な準備は抜かりなく

店員とお客さん

カフェ開業がいくら敷居が引くといっても、公的な準備を抜かすことはできません。必ず必要なのは、担当所管の保健所からの飲食店営業許可と食品衛生管理者です。飲食店営業許可は店舗に係る営業許可と認識していれば大丈夫です。様々な要件があるので、一つずつ確認して指摘されて希望のオープン日に開業できないということは避けましょう。次に、食品衛生管理者ですが、これは人に係るものです。飲食店には必ずこの食品衛生管理者を一名配置しなければならず、兼務も不可です。取得自体は比較的簡単ですので、所管の保健所に問い合わせて対応しましょう。

変化に対応すれば成功する

店内

カフェ開業について、様々な点からご説明しました。費用、コンセプト、各種許認可。他業種に比べると敷居が低いことを考えると、競争相手も多くなります。そんな中でも、常に考え、変化をつけ続ければ必ず、成功すると断言します。おしゃれだけど今の時代に全席喫煙や、会計方法も現金のみなど残念なお店をよく見かけます。このような点は完全分煙にしたり、電子マネーやクレジットカードの利用を始めたりするなど、柔軟に対応するお店は確実にお客様に喜ばれます。何か流行りの食材が出たら、すぐに取り入れてみるなどの挑戦心も喜ばれるでしょう。カフェを開業すると決めた人はそれだけで行動力があります。ぜひ動き続けることで、2店舗3店舗と展開してください。決していばらの道ではありません、楽しんでよいお店を作ってください。